伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
豊山太鼓 ”千響”コンサート
伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年記念イベント
『伊風道々 〜ありがたや 大師と巡る 伊賀の国〜 』

今回は、目玉となった豊山太鼓“ 千響”(ぶざんたいこ せんきょう)の皆さまによる和太鼓・声明コンサートについてご紹介します。

まず 、豊山太鼓“千響”とは、 真言宗豊山派の仏教青年会(若いお坊さんの集まり)に組織された和太鼓集団です。

古来、真言宗豊山派で、法要の際に用いられた伝統的な太鼓技法をベースに、日本を代表する和太鼓奏者 林 英哲 氏の作曲である「六大響(ろくだいきょう)」「不動響炎(ふどうきょうえん)」などを演奏して、人々に安寧と元気と届けるべく全国各地でさまざまな活動をしてきました。



特に東日本大震災の後は、被災地を訪問しての太鼓演奏、関東地方を中心に復興支援チャリティイベント・公演など、継続して精力的に活動されています。



前日夕刻、会場入りして準備・リハーサルを始める千響の皆さま。

今回、このコンサートの為に、北は福島、南は愛媛から45名の方々が駆けつけてくださいました。皆さまのご出仕、心より感謝いたします。

そして、演奏の中心となるのは、「英哲風雲の会」の皆さま。



左から、谷口卓也さん、上田秀一郎さん、岩田龍誠さん

谷口さん、上田さんは、もちろんプロの太鼓奏者。
日本全国に留まらず、世界を股に掛けて活躍されています。

岩田さん(右)は、れっきとした真言宗豊山派のお坊さん。
僧侶でありながら、その太鼓の腕前と卓越したセンスから、林 氏に師事して風雲の会の一員として認められました。

今回のコンサートに当たり、内外の調整をしてくれた功労者の一人です。彼なくして、今回のコンサートは成功できませんでした。

まずは、オープニング。
大福寺御詠歌講の皆さまによる、金剛流ご詠歌と宗教舞踊。



記念セレモニー。初めは、
伊賀四国八十八ヶ所霊場会会長 織田杲深 師より、ご来場の皆さまにご挨拶。



続けて、
霊場会役員 飯田辨匡 師より、霊場の由来と変遷についてご説明がありました。



開創150周年記念事業
実行委員会副委員長 坂 信之 師より、数々の記念事業のご報告。



幕間は、桂 三弥 氏による落語を楽しみました。




休憩を挟んで、いよいよコンサート開始!

 

最後は、開創150周年記念事業
実行委員長 石島孝文 師より、御礼のご挨拶




ありがたいことに、
コンサート終了後は、ご来場いただいた皆さまから、

「とても素晴らしかった!」

「また聞いてみたい」

「どうやって、あんな見事な演奏が出来るのか?」

「千響の追っかけをしようかしら?」

と、賛辞の嵐を頂きました。

豊山太鼓“千響”の熱のこもったお唱えと演奏が、多くの聴衆の心を揺り動かし、満ち足りた気持ちにしてくださいました。全国各地よりお集まり頂いた、豊山太鼓“千響”の皆さま、ありがとうございました!!



準備すること1年以上、直前までさまざまな問題や困難が生じましたが、ご来場いただいた皆さまの満足そうな笑顔を頂いて、それら全てが報われたような気がします。
あれだけのイベントを、事故ゼロ・怪我人ゼロ で終われたのですから御の字であります。

霊場開創150周年という機会に、実行委員として携われたことは、誠にありがたい仏縁でありました。伊賀四国霊場の歴史に、新たな1ページが刻まれました。

実行委員 中山和光
| 開創150周年記念事業 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白鳳幼稚園の園児による『未来へつなぐ音楽』
平成25年11月9日
伊賀四国霊場開創150周年記念イベント『伊風道々 〜ありがたや 大師と巡る 伊賀の国〜』に
白鳳幼稚園の園児と最近話題のゆるキャラ、高野山の「こうやくん」と伊賀忍者の「しのぶ」と「にん太」が
会場を盛り上げてくれました拍手

『未来へつながる音楽』と題して園児総勢97人が合唱と太鼓の演目を披露してくれました。
日頃の練習の成果がロビー、ホワイエに響き渡り、元気で楽しげな歌声が会場中を包み込みましたぴかぴかぴかぴかぴかぴか

やはり親の前での発表は緊張するみたいですてれちゃう


なれてくるとこの通り!!他の子に負けないよう一生懸命声を出してますムード


年長さんによる鼓笛隊の演目は圧巻てれちゃう!大変完成度の高い演技でした拍手


指揮も園児がしてますびっくり


ご親族の方々も我が子の演技ににっこりしていましたニコニコ

そして、このイベントを通してゆるキャラの「こうやくん」と「しのぶ」と「にん太」が来場していただいた方々を
お迎えしてくれました拍手

高野聖(こうやひじり)のこうやくん、出会った人すべてを笑顔にするのが特技だそうです楽しい


好きな食べ物はこうやどうふとごまどうふだそうです見る


そして伊賀忍者の「しのぶ」「にん太」伊賀ならではのキャラです。忍者体操をよく踊ってるらしいぴかぴか

個性あふれるゆるキャラ達が行くところは人が集まりました。
「こうやくん」、「しのぶ」ちゃん、「にん太」くんありがとうございました楽しいぴかぴか
| 開創150周年記念事業 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊賀四国八十八ケ所霊場フォトコンテスト
平成25年(2013)11月 9日(土)伊賀市文化会館にて開催された
開創150周年記念イベント『伊風道々 〜ありがたや 大師と巡る 伊賀の国〜』
文化会館ロビーでは4月より募集してきました、
 ぴかぴか伊賀四国八十八ヶ所霊場 フォトコンテストぴかぴか の
作品展示&表彰式が行われました。

応募された全54点を展示させていただきました

 

午前11時ころより表彰式行いました
まず特別賞です
 伊賀四国霊場会賞  松田賢治さん(三重県名張市)
 伊賀上野観光協会賞 角田厚子さん(三重県伊賀市)
 名張市観光協会賞  福本好成さん(三重県名張市)

祝霊場会会長より表彰です祝




祝優秀賞二名、いずれも歩き遍路参加者からの受賞です
ぴかぴか優秀賞 椋本憲さん(三重県名張市)ぴかぴか


ぴかぴか優秀賞 松生みよ子さん(三重県伊賀市)ぴかぴか


王冠2 最優秀賞 東口元さん(三重県鈴鹿市) 王冠


カメラ受賞者の皆様と記念撮影



このフォトコンテストの募集は当初の予定より遅れてしまい正直なところ、
どれだけ集まるのか?成り立つのか?非常に不安でした。しかし54点もの
作品を応募いただき大変感激いたしました。どの作品も伊賀四国霊場の雰囲気
が感じられる、またお遍路さんの祈りが伝わってくる、馴染の伊賀名張の風景
等々 いつまでも観ていたい作品ばかりでした。
応募していただいた皆様方ありがとうございましたラッキー
また別の場で展示できれば良いなと思っております


最後になりますが、今回のフォトコンテストは伊賀上野観光協会さまの
多大なるご協力のもと開催することが出来ました。この場にて感謝御礼
申し上げます。ありがとうございましたポッ
 
| 開創150周年記念事業 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
記念イベント『伊風道々 〜ありがたや 大師と巡る 伊賀の国〜』
かねて、歩き遍路や御礼参りなどで告知してきた記念イベント
『伊風道々 〜ありがたや 大師と巡る 伊賀の国〜』のポスター&チラシを掲載いたします。

平成25年(2013)11月 9日(土)
伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年の正当年の目玉として、開催する体験&参加型の記念イベントになります。

 
(画像をクリックすると、大きく表示されます)

 
(画像をクリックすると、大きく表示されます)

詳細は、ポスター&チラシやホームページをご覧いただくとして、いよいよ今月より、千響コンサートのチケット販売が開始されました!!

代金 3,000円で、西大寺大茶盛のお茶券つき。皆さま、ご家族お友達をお誘い合わせてふるってご参加くださいませ。
| - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歩き遍路 高野山お礼参り

6月18・19日 
昨年4月より本年5月まで全15回に分けて行ってきた、歩いてまいろ伊賀遍路満願のお礼参りのため、高野山へ行ってまいりました。歩き遍路同様に参加者なんと80名。当初は多くても50名ぐらいだろうと予想してたのですが・・・バス3台手配いたしました。
1日目の天気予報は晴れ、2日目は台風接近の影響により雨予報。お天気もってくれ、とお大師さんに願いながらの出発となりました。

今回1日目にはまず大和西大寺へ参拝いたしました。西大寺は真言律宗の本山で伊賀四国霊場にも9ヶ寺末寺があります。バス3台は西大寺にて待ち合わせをし、まずは本堂参拝いたします。


堂内内陣へ入れていただき、お勤めいたします。


お勤めの後、こちらにお務めの伊賀市猪田35番札所 佛勝寺の副住職よりお話いただきました。


堂内参拝後、みなさまお待ちかねの大茶盛体験です

この大茶盛は興正菩薩が正月年始の御修法の結願に、鎮守八幡に参拝して献茶され、その余服を参拝者にふるまわれたのが始まりだそうです。これを服飲すると一年間災いから免れるということだそうです。

黄金の?お茶菓子が配られました


それでは



いざ



支えあいながら



そう



霊場会会長も



なかなか飲みきれるものではありません、満腹です。



これでこれで一年間災いから免れますが、一年間しか効き目がないので一年後また来てくださいとのこと(笑) 素晴らしい体験させていただき、皆さん笑顔で西大寺を後にしました。


奈良市内で昼食を済ませ、高野山へ向かいました。

高野山ではまず奥ノ院へ参拝いたしました。
歩き遍路無事満願のご報告に、同行二人 いつも見守って下さっていたお大師様に感謝の気持ちを伝えに、一の橋から歩いて参拝いたしました。

この先 奥ノ院


高野山では霊場会の大福寺 金井樹海 師より、自身の奥ノ院でお努めされた経験談などご丁寧な説明をしていただきました。

一日目はここで終わりです。参加者多数のため、宿坊は櫻池院様と報恩院様の二ヶ所に分かれての宿泊となりました。


各宿坊では精進料理をみなさん堪能されました。明日の天気をお祈りしながらスタッフ一同就寝いたしました。

台風の影響か昨晩から風が強く吹いておりましたが、雨のほうは大丈夫のようです。
早朝の勤行、食事を済ませ、あまちゃん見てから壇上伽藍参拝に向かいます。


金堂参拝


六角経蔵 回すことが出来るのですが、回りませんでした。
それぞれがそれぞれの方向に向いてては回りませんよ・・・


御影堂


三鈷の松をさがすお遍路さん


根本大塔内拝
お天気まだ大丈夫です。



金剛峯寺参拝


高野山大師教会にて授戒を受けるため時間までしばし休憩です
朝早くから天気を気にしながら足早に動いていたので、みなさんちょっとお疲れみたいです。

昼食をすませ、お土産タイムがすんだら、天気のことも考え当初の予定を早め下山することにしました。バスに乗り込む頃ようやく雨が降り出しました。良かったぁ助かりました。



お大師さま ありがとうございました 合掌



これをもちまして 『歩いてまいろ伊賀遍路』結願でございます。
当初は27.8人で始まった歩き遍路ですが、まさかこんなに沢山の方々が参加してくれるとは思いませんでした。中でも、われわれスタッフが何のノウハウもなく手探り状態で始めたので、最初から参加していただいた方々には大変ご苦労かけたかと思いますが、それも今はいい思い出ですね。皆さんがいなければ、素晴らしい出会いがなければ成功しませんでした。本当に感謝感謝しております、ありがとうございました。


まだまだ続けてほしいなどなど、いろんな意見いただいておりますが、11月9日記念イベントがありますし、とりあえずは おしまい でございます。

ではさいごにこんな写真を



まいど 名張 竹本さんの撮影会
「いつできっかわからへんで」といいつつ三日後には持ってきてくれます。


みなさまお疲れ様でした ではまた

実行委員 飯田真士

| 開創150周年記念事業 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE