伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
<< 平成22年 お山開き法要 | main | 歩き遍路 第1回目 >>
お山開き法要とあるきへんろ

本日、第22番札所 宇霧須山宝厳寺(伊賀市寺脇)において伊賀四国八十八ヶ所霊場会お山開き法要が盛大に厳修されました。

まず午前9時30分から、ご法話が本堂で行われました。その後、寺脇公民館より札所寺院の僧侶が列をつくり本堂に入り、堂内での法要が行われました。その中では、お参りされた参拝者の皆さんとともに在家勤行法則を中心にお経をあげながら、今年一年の伊賀四国八十八ヶ所霊場での巡拝安全や諸願成就等を祈念しました。

 

法要終了後には、霊場会長、宝厳寺住職、宝厳寺総代長のあいさつがありました。霊場会長のあいさつの中で、来年から始まる150周年記念事業の紹介があり、また4月から始まる「歩いてまいろ伊賀遍路」の歩き遍路についての案内がありました。

 

その後、本堂より外に出て、宝厳寺の横にある広場においてお焚きあげ法要が行われました。今年から各札所寺院にて護摩木の案内をさせていただいたところ、たいへんたくさんの方からお申し込みをいただき、火が上がっている護摩の壇の中に諸願が成就されるようにと各僧侶により投げ入れさせていただきました。その場では、参拝されていたみなさんが、一心に火を見つめながら願いがかなうようにとお祈りしていただいていたのが印象的でした。




 


お焚きあげ法要が終ったあと、いよいよ歩き遍路のスタート。宝厳寺を出発して川上にある第24番札所 岩谷山大円寺に向かって歩きました。
4月から始まる歩き遍路の本番に申し込みをしていただいた皆さんに事前に案内をしたところ、30名の方が参加したいということで集まっていただきました。宝厳寺の本尊様にお経をあげた後、お大師様の姿をした僧侶を先頭に、お山開き法要の中で開眼されたお大師様の像を背中に担いだ僧侶、150周年記念ののぼり旗を持った僧侶、30名の参加者、安全に歩けるようにと同行した数名の僧侶が列をつくり歩いて行きました。ゆっくりと、まわりの自然に目を向け普段は感じることのできないことも心に感じながら歩くことができました。


 


大円寺に到着し、ご住職のはからいでお堂の中に入らせていただき、参加者全員でお経をあげさせていただきました。その後、お茶のお接待をいただき、達成感と心地よい疲れを残して、解散いたしました。



さあ、次回は4月9日 歩き遍路第1日目です。


実行委員 うちだ

| 開創150周年記念事業 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iga-shikoku88.com/trackback/912477
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE