伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
<< 歩き遍路 第5回 | main | 第7回 歩き遍路 >>
歩き遍路 第6回
  今回は短野の73番福楽寺を皮切りに、名張市街を縦断して青蓮寺の48番地蔵院までの約12kmの行程です。気になるお天気もまずまずで、暑過ぎず行程の短さを考えるとやや物足りないかも。
 しずみ橋ってなんかいいですよねぇ。大屋戸の56番蓮花寺から名張の街中に向かう道中です。



82番観音寺に到着。納経の後、山主様より有難いお話を頂いたのですが、残念ながら写真の写りが悪くご紹介できません。



 名張の旧市街も、かつての初瀬街道の面影を残してて、風情がありますね。



 文字通りの同行二人。いつもお大師様と一緒に歩かせて頂いてます。っておいおい石原師、御自分が写ってますがな。



 いつも私たちを勇気づけてくれるのは、参加者の皆さんの笑顔です。
 私はいつも先頭を歩いていて、皆さんの歩かれるスピードを気にしているのですが、聞こえてくる話し声の遠近を頼りに歩くスピードを調節しています。それにしても女性って、まあ、よう、あんだけ一日中喋る事があんにゃなあと感心させられますね。


 本日一番の難所、48番地蔵院への上り坂です。




 地蔵院の山主様、耕野住職です。青蓮寺にはかせないB29の墜落時のお話等頂きました。またご自身はテレホン相談等、自殺防止に大変尽力されており、いつも命の大切さを説かれていて、私もお手本にさせて頂いてる先徳のお一人です。
 
今回は82番観音寺様、55番宝蔵寺様、48番地蔵院様の各山主様よりお話を頂きました。ありがとうございました。
 歩き遍路でいつも感じることは、各札所の山主様や総代様が温かく迎えてくださることに、私自身、実は予想外の驚きを感じています。歩いていますと、つくづくお接待頂くのってありがたいなあと、感謝の気持ちでいっぱいになります。
 しかしよくよく考えてみますと、伊賀四国霊場も、かつてはこの様な人と人との触れ合いにあふれた霊場やったんだろうなあと、以前お年寄りから聞かせていただいた話を頼りに想い馳せられます。そしてまた、これからお大師様の霊場として、本来あるべき姿にしていきたいなあと決意を新たにさせられて今回の歩き遍路を終えました。
 これから梅雨に入ります。赤目を歩いたときは1日中雨に降られましたね。これから何回雨の日があるかわかりませんが、雨の日も少しの準備と、心の持ちようで雨降りを楽しむことが出来ますよ。  
 さあこれからも、歩いてお参りできる事の有難さを心に留め置いて、88番まで一緒に頑張りましょう。

                                               副委員長 坂



| 開創150周年記念事業 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iga-shikoku88.com/trackback/912484
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE