伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
<< 季刊誌『光明』 第176号 | main | 歩き遍路 第10回 >>
歩き遍路 第9回

今回は、40名の参加者、9名の霊場会スタッフと共に神戸周辺の5ヶ寺をお参りします。
梅雨の只中、時折雨がパラつく歩き遍路となりました。強く降らねばよいですが。







少し歩くと、すぐに第26番 蓮花寺に到着。お参りをした後、住職のお話、そして氷で冷やしたトマトのご接待を受けました。(写真の奥の方にいるのが住職…、ちなみに今執筆している私です)



蓮花寺を出発して、次のお寺を目指します。こちらは、坂 副実行委員長のお好きな沈み橋。今回も、何名かの女性参加者が、大師像を担って歩いてくださいました。
写真の鴨宮さんを始め、小さいお体の方もおられましたが、皆さんしっかりとした足取りでしたね。



第27番 報恩寺に到着。天台真盛宗 来迎寺さまの奥の院に位置する小さなお寺。阿弥陀如来像が、立派でありました。



報恩寺を後にして、一路北上。しばらく歩くと、次のお寺が見えてきました。雨もそう強く降らず、まずまずのお天気でしょう。





第29番 常福寺に到着。こちらは、伊賀四国開創の本田光照僧正が住持されていたお寺。
来年4月には、開創150周年開白(かいびゃく)法要が営まれます。





常福寺本堂にてお勤め。その後に、霊場会会長である住職のご挨拶。またご接待を受けました。秘仏の本尊五大明王さまも特別にご開帳! 立派なお姿を前にして、皆さん自然と合掌されていました。



常福寺を後にして、次のお寺へ。有名な上林の水車を見ながら、歩みを進めます。





第31番 持仏寺に到着。境内がきれいに清掃されています。本堂にて、ご住職の挨拶。そして、歩き遍路同行のお仲間で、少し前にお亡くなりになられた福井節子さんのご供養になればと、皆で心を込めてお勤めさせて頂きました。

生者必滅は世の習い。しかしそれを目の当たりにすると、人は悲しみ、大きく動揺するものです。現実を見つめ、世の理を明らかにしてそれを受け入れていくことが仏教の教えの根幹にあります。



昼食を頂いて体力も回復! 今日最後のお寺を目指します。
写真の山本さんも、お大師さまを背負える喜びを胸にしっかり歩まれていました。



我山に入ると、登り坂が続きます。汗がしたたり落ちるほどの暑さにも関わらず、最年少の坂口さんは力強い足取りで歩を進めてくれました。





第28番 蓮明寺に到着。歩き遍路は、お盆行事のある夏季を休んで、9月より再開されます。前半最後のお勤め。また元気な姿で再会しましょう!と笑顔で解散しました。

今後も、歩き遍路は続いてまいります。
第10回は、9月12日(日) 山出・依那古方面となります。

実行委員 中山

| 開創150周年記念事業 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iga-shikoku88.com/trackback/912487
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE