伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
<< 東日本大震災義援金 托鉢 | main | 第7回 歩き遍路 >>
第6回 歩き遍路
5月 27日 (金) 雨模様
昨日から例年より17日も早く梅雨入りしました。
6回目の歩き遍路は伊賀市上乃庄の徳圓寺から
沖の不動寺まで、8ヶ寺 約17キロの行程です。


最初の寺 上乃庄 37番 徳圓寺 にて今日最初のお勤め
昨年同様一人一人にお接待いただきました。感謝感謝です


山出の36番 勝因寺への階段を行くお遍路さん

勝因寺さまの寺紋 何て言う紋なのか?う〜ん気になる



路面が濡れるほどの雨もなく、涼しさ(寒さ?)も手伝っていいペースで歩けます

予定時間通りに猪田の30番 佛勝寺に到着

こちらは森寺の35番 長隆寺 のご本尊 大日如来(県重文)
珍しいのは胎蔵界の大日如来であること(金剛界大日如来は多いですが)
この他にも本堂隣の収蔵庫には薬師如来(国重文)が・・・見たい



お昼は上郡の33番 蓮勝寺にて休憩させていただきました
こちらのお寺は二十数年前にお堂本尊とも火災に遭われたそうです。
今のご本尊は、当時59番 明王院の御住職の夢枕に馬頭観音が現れ
そのお告げにより自らが彫られ、当寺に奉納された仏像だそうです。
↓そんな説明をしていただいた実行委員でありこの寺の住職 中山さん



↓下神戸 32番 無量寿福寺の無量寿如来(阿弥陀如来)
これまた立派な仏像で驚きです。 

この伊賀地方は天正伊賀の乱により荒廃した寺院が多いのですが
このように立派な仏像がまだまだ残っています。
戦乱の世をくぐりぬけ、地元の人々により守り継がれてきた仏
そんな仏像は国宝級の仏像と同等の価値があると私は思います



下郡の2番 崇恩寺 綺麗な芍薬(しゃくやく)です


雨が降り出す前に最後の寺まで急ぎます


予定通りの時間で34番 沖の不動寺に到着
堂内に上がらせていただき、今日最後のお勤めです。

御住職より心暖まるお話しを頂きました(20分〜30分間


今回は梅雨入りと台風の影響で当初から雨予報でした☂
私事ですが、この数日前にとある神社へ天気がもつようお願いに行きました。
その効果がなのか何とか大雨にあわずに済みました
今回ばかりは神様、仏様、お大師さまにすがる思いのお遍路でした。

次回は 6月11日(土) 北山 伊勢路 方面です。

実行委員  いいだ

| 開創150周年記念事業 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iga-shikoku88.com/trackback/912508
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE