伊賀四国八十八ヶ所霊場伊賀四国八十八ヶ所霊場

伊賀四国八十八ヶ所霊場ブログ


 伊賀四国霊場会からのお知らせや、開創150周年記念事業の様子、各札所寺院の行事についてなどを随時更新していきます。
<< 第10回 歩き遍路 | main | 第12回歩き遍路 >>
第11回 あるき遍路
残暑厳しい日が続いておりましたが、「暑さ寒さも彼岸まで」の通り、朝夕ずいぶん過ごし易くなってきました。

伊賀地方も次第に秋めいてきておりまして、気が付けば衣替えの季節です。

さて、9月30日(金) 第11回目のあるき遍路の様子をお伝えします。

今回は42名の皆さんが参加されました。

朝の天気予報では「午後から次第に雨模様」でしたので、少し蒸し暑い中、皆さん雨具を携えてのお遍路です。

朝8時過ぎに桔梗が丘駅に集合の後、バスで番外月山霊場、弥勒寺の前まで移動します。

今年は前年の経験を踏まえて逆回りコースになったところもあり、今回もそのひとつです。


弥勒寺
番外 月山 弥勒寺にて


さて今回のブログは弥勒寺住職が担当しております。

昨年のあるき遍路では、「過去現在未来の三世の仏の話」と、「同行二人でお大師様に導かれて現在の仏を目指していただきたい!」というような話を聞いていただきました。

今回はお彼岸にちなんで、「耕心」についての話をば。。。。

ざっくり書きますと「仏教」という鍬を使って心の中を耕し、誰しもが持つ「ほとけごころの種」を芽生えさせるべく霊場参りの歩みを進めて下さい。そして育った枝葉からまた新しい仏縁が広がりますように・・・と言うような内容で聞いていただきました。

弥勒寺の参拝を済ませ、私もあるき遍路に合流します。


咸天狗

信仰深い伊賀の地には、たくさんの神社仏閣がありますが、道端や山中などにも小さな社やお堂がたくさん祀られております。

弥勒寺から福龍寺へ向かう山道には、咸天狗が祀られています。
パワースポットと紹介されたので訪れる人が増えたそうです。
5月5日の子供の日に子供祭りが行われ、地域の人や子供達で賑わいます。


山越え
弥勒寺から山越え


山下り
今度は下ります


福龍寺
第51番 福龍寺
大師装束で遍路さんを先導して勤行します。


道中
大師像を背負う写真の若手僧侶は背中まで汗びっしょりでした。



明王院
第59番 明王院 本堂裏の護摩堂が立派でした。


龍徳寺
番外 笹山 龍徳寺


龍徳寺へ到着する少し前から雨がパラついてきました。

今回は特に山道が多いので、たかが雨と言っても足を滑らせないとも限りません。

本降りになる前に到着。勤行の後、道中事故無く終えられる様にお祈りしました。

その後、隣の公民館をお借りして昼食です。

小一時間ほどの休憩の後、善福寺に向けて出発!しかし雨は本降りになってきました。




善福寺
第58番 善福寺
総代さん、世話役さん、大師講さんにお世話いただきました。


長慶寺
第57番 長慶寺
灯明の光が結願までの道中を照らして下さいます様に。。。


今回のあるき遍路は、午後から雨の中での参拝となりましたが、怪我無く事故無く参拝を終えさせていただきました。

最後になりましたが各霊場の住職さん世話人さん方には大変お世話になりました。

ありがとうございました。   


次回は10月7日(金)です。

山越えがありますが、移りゆく季節を感じながらお参りできるんじゃないでしょうか。


実行委員 奥野






| 開創150周年記念事業 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.iga-shikoku88.com/trackback/912514
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
WEB SITE
伊賀四国八十八ヶ所霊場
PROFILE